【国産マーケティングオートメーション】SATORIで始めるリードジェネレーションとマーケティングオートメーション

【国産マーケティングオートメーション】SATORIで始めるリードジェネレーションとマーケティングオートメーション

数多くのマーケティングオートメーション・ツール。
それぞれは共通している機能も多くありますが、やはり製品ごとに特徴があります。国産マーケティングオートメーション・ツールの1つである「SATORI」は集客/リードジェネレーションに強みを持っています。
本記事では「SATORI」について、どのような機能があり、どのような強みを持っているのかをご紹介します。



国産MAツール「SATORI」とは

まずはSATORIがどのような機能を持っているのか見てみましょう。

・見込客(リード)管理

Webサイトを始め、広告やメールまたオフラインでの接客など、リードとの接点はさまざまな機会があります。マーケティングオートメーションを活用する(=リードナーチャリング)際には、このようなマルチチャネルでの接点を一元的に管理することが非常に重要な要素です。また、IPアドレスと企業情報を紐付ける「どこどこJP(サイバーエリアリサーチ株式会社)」と連携しており、どのような企業からアクセスされているかを知ることができます。

・データ分析・活用

一般的なマーケティングオートメーションは、さまざまなタイプ(チャネル)のデータを収集し、一元化することができます。

SATORIにおいても、リードの行動履歴や属性情報からリードをグルーピング(セグメント化)し、そのセグメントに最も有効なコミュニケーションやメッセージを配信するなど、データを活用した効率の良い施策を実施することができます。また、特定のページの閲覧や資料のダウンロードなどをトリガーとして営業担当に自動的に通知を送る機能もありますので、タイミングを逸することなく営業アクションを起こすことができます。

さらに、個々のマーケティング施策がどれほどの効果を出したかをひと目で確認できるので、施策立案者は客観的な視点で施策評価を行うことが可能です。

・コンテンツ配信

マーケティング施策は、各リードに対してどれだけ適切なコンテンツを配信することができるかどうかによって成果が変わります。いわゆるパーソナライゼーションと呼ばれるものです。

SATORIでは、各種のコンテンツをパーソナライズする機能を持っています。セグメントされたリードに対してパーソナライズメールを配信することができたり、特定ページを閲覧した時など、リードの行動をトリガーにして自動的にメールを配信する機能もあります。
さらに、Webサイト内のレコメンドシステムやコンテンツ管理システムなどと連携して、セグメントごとに違ったバナーやポップアップを表示させることも可能です。

・強力なリードジェネレーション機能(=アンノウンマーケティング)

SATORIが他のMA製品と大きく異なる点が、プライベートDMP機能を有しているということです。
外部の広告配信システムと連携して、特定のセグメントに対して広告を配信することが可能です。

サードパーティ・クッキーにも対応しており、
第三者サイトの訪問者クッキーをSATORIへ取り込み、セグメントとして利用することができるのです。
これにより、自社サイトに訪問する前のユーザに対し、広告配信することで自社サイトへ誘導する、という強力なリードジェネレーション(=アンノウンマーケティング)を可能にしています。

SATORIの強み

マーケティングオートメーションの多くは、メールアドレスなどのリードを特定する情報が収集できた時点からアクションの対象とします。しかしそれでは、メールアドレス取得前の潜在的なリードに対して有効な施策を行うことができません。SATORIは、外部のデータと連携することによりメールアドレスなどを収集する前の潜在的見込客に対してアプローチすることが可能です。

これにより、従来のマーケティングオートメーションの中心的機能であるリードナーチャリング(見込客醸成)だけではなく、その前段階のリードジェネレーションに大きな成果を発揮します。新規客が不足している企業や、新規客獲得を重視しなければならない企業にとっては特に有効なツールであると言えるでしょう。

また、メールやWebサイト、さらに店舗などのあらゆる顧客接点を一元的に管理することで、ぶれないコミュニケーションを行うことができ、より精度の高いマーケティング施策を行うことができるところも強みです。

SATORIは、マネックス証券での対投資家のリードナーチャリング施策や、リノベるにおけるショウルーム来訪者に対するインサイドセールス施策などに採用され成果を挙げています。

価格はSaaS版が初期費用10万円、月額費用が10万円(いずれも税別、その他に広告出稿費用やデータ連携費用が必要な場合があります)と安価でマーケティングオートメーションをスタートできることも強みとなっています。

Pocket

*
*
* (公開されません)