【MAセミナー情報】デジタル時代の展示会活用術セミナー ~BtoBメーカー必見! 売上を伸ばす出展企画とMA活用ポイントを徹底解説~ 2017年9月15日(金)開催

Conference Meeting Seminar Modern Contemporary Concept

「自社製品の顧客ニーズを十分に捉え切れない」「新規顧客を開拓したいが、十分な営業リソースがない」「展示会に出展したが、十分な成果が出ない」「取引先の工場が海外に移転したため、十分な売り上げを確保できない」といった中堅・中小企業経営者の悩みを、一挙に解消。

今後、国内における多くの産業が、人口減少による穏やかな衰退へ向かうと予想される中、中堅・中小メーカーの経営者は、生き残りを懸けた新たな市場や顧客の開拓が必要です。BtoBメーカーにとって展示会は、『リアル』プロモーションの重要な機会であり、今後の売り上げにつながる確実な成果を出さなければなりません。

一方、展示会でより多くの集客を実現し、売り上げを拡大するためには、展示会場での魅力的なコンテンツ展示や説得力のあるプレゼンテーションだけでなく、Webを活用した『デジタル』での事前プロモーションやフォローアップが欠かせません。

展示会への出展効果の最大化を実現するためには、顧客ニーズにマッチした『デジタル(Web)』と『リアル(展示会)』を組み合わせたプロモーションとフォローアップにより、取引のベネフィットを明確に伝えることが重要です。 本セミナーではBtoBメーカーに向け、デジタル時代だからこそ実現できる、売り上げを伸ばす展示会出展企画と、マーケティングオートメーションの活用事例をご紹介します。

 

このセミナーを受講すべき人

BtoBメーカーのマーケティング、広告宣伝、営業部門の決裁担当者または経営者層で、
次のようなことでお悩みの方

・展示会での集客が新規顧客の開拓に結び付かない
・展示会への出展を効果的に営業活動に結び付けたい
・展示会への出展の内容や手法を見直し、売り上げを伸ばしたい
・展示会やコンテンツ制作の費用対効果を見直したい
・展示会以外の新規顧客開拓方法が分からない

このセミナーの概要

第1部 デジタルとリアル、中堅・中小企業のための展示会活用法

現在、展示会への来場者の心理は「注意」から「関心」、「欲求」という流れの後、カタログやインターネットによる「調査・研究」の過程で迷いが生じ、「行動」が抑制されます。そのため、集客や売上目標を達成するには展示会への出展を、事前プロモーションから展示会後のフォローアップ営業を含めた“キャンペーン”として推進することが求められます。
『デジタル(Web)』と『リアル(展示会)』を巧みに組み合わせることで、来場者に「確信」を与え「行動」を促す、説得力のあるコミュニケーション方法について詳しく解説します。

 

第2部 展示会出展効果を最大化するMA活用とコンテンツ制作

自社サービスのブランディングを意識したブースデザインやコンテンツ制作はもちろん、展示会特設サイトの開設やDM・メルマガをはじめとする事前プロモーションから、お礼メールの配信やダウンロードコンテンツ、ホットリードの選別による効率的なフォローアップ営業まで。
最新のマーケティングオートメーションツールを活用したリードナーチャリングの実践により、少人数で売り上げを170%UPさせた具体的事例とノウハウを解説します。
また後半では、展示会のプレゼンテーションで威力を発揮し、費用対効果の最大化をサポートする、パワーポイントの有効活用方法についてご紹介します。

 

 

第3部 大手だけじゃない! 中堅BtoBメーカーのMA活用で商談を増やす秘訣

2013年以降、マーケティングオートメーション(MA)を導入する企業が増え続けています。
大手企業が先行導入していたMAも、中堅BtoBメーカーでは、特に展示会フォローの活用用途で利用され始めています。
年間の新規見込み客獲得を展示会に懸ける中堅BtoBメーカーにとって、いかに出展効果を高めるかは最優先課題です。
展示会後のお礼メール配信からスタートし、商談数の激増に成功した中堅BtoBメーカーは何をしたのか?
事例を交えながら、統合型マーケティング支援市場で7年連続シェア1位※のシャノンがご説明します。

 

デジタル時代の展示会活用術セミナー ~BtoBメーカー必見! 売上を伸ばす出展企画とMA活用ポイントを徹底解説~
開催日:2017年9月15日(金)
主催:株式会社テックコミュニケーションズ
会場:株式会社シャノン 本社 セミナールーム

>>詳しくはコチラ

Pocket

関連記事